外貨MMFと外貨預金の違いとは

各証券会社では、外貨商品が提供されており、最近では一般のサラリーマンの方はもちろんのこと、学生さんなどでも資産運用に利用されることが多くなりました。
その代表的なものが外貨MMFや外貨預金ですが、この両者の違いをいくつか挙げてみますと、外貨MMFが概ね1000円程度と少額から始められるのに対して、外貨預金は10万円程度が最低金額となっている場合がほとんどです。
また元本保証は外貨預金では保証されていますが、外貨MMFには元本保証はありません。
ただし外貨MMFの場合、資産の分散管理が行われていますので、仮に倒産等の事態が発生した場合でも資産は保証されています。
反面外貨預金は万一銀行が破綻してしまうなどした場合には、資産の保証はないということになります。
ごく一例ですが、こうした違いが両者間には存在しています。
資産運用まとめ!賢く株・FX・投資するなら?【初心者必見】