カードローンと総量規制の関係は?

総量規制とは、消費者金融系カードローンの貸し出しを規制する目的で貸金業法で規定限度額を超えて貸し出しをしてはいけないというものです。
消費者金融は、バブル期には「サラ金」や「街金」と呼ばれていて、比較的安易な審査で融資をしていました。
バブルが崩壊してお金が無くなってもサラ金へ行けば安易に借金ができたため、サラ金地獄へ落ちる人が増えたので、2010年に「消費者金融業者が貸し出せる金額は借り手の年収の1/3まで」という規制を作りました。
これが、総量規制です。
この規制は消費者金融業者などの貸金業に適用されるもので、銀行カードローンには適用されません。
そのため、多くの消費者金融業者は銀行系列のグループ企業の傘下に入り、現在のような「銀行系カードローン」と呼ばれるようになりました。
楽天銀行カードローンは他社借り入れがあっても大丈夫?