看護師の医療ミス?

中には、看護師は医療ミスとのつながりが無いと考えている人がいるようです。
よくお医者さんによる手術のミスが報道されていますからね。
ただ、注射や点滴などのミスもあり、最悪のケースだと、訴えられるというケースも看護師には十分に有り得ることです。
看護師の初任給は周りが想像するほど良くありません。
現に入院して看護師が働いているのをみていると、重病な患者が入院していないのならば、勤務時間内で一定の作業をするだけですが、その作業だけでもかなり忙しいのです。
重篤なクランケが入院している場合には、ますます多忙となってしまい、ストレスで精神的にシンドイでしょう。
看護師の仕事内容は、一般的に医師の診察を補佐する役目から、入院患者の日頃のお世話をすることまでかなり多岐にわたる仕事内容で長時間の勤務であったり夜の勤務も多かったりというしんどい仕事です。
きつい体力勝負の仕事ですが、それに釣り合ったお給料がもらえない事も大きな不満に繋がっているようです。
修学旅行やツアーなどに出席し、怪我や病気のその場での処置や現地での病院手配をする看護師もいます。
家庭をもって子供のいる人は週末の休みがあったり、夜勤無しで良い職場を最終的なゴールにしているものです。
病院以外の所で働くには、それぞれの場所に適した専門知識を体得している認定看護師や専門看護師の資格を所持していると、雇用されやすくなります。
もともと看護師は、病院やいろんな医療機関でものすごく大切な役割を担っているのです。
しかし、病院や医療施設のそのほとんどでは看護師不足に頭を痛めているというのが現在の状況です。
医療現場では、看護師が不足しているという問題を基本的に解決はできておりません。
今後は、ちょっとでも早くこの問題を改善させる必要があります。